ゆるゆるぅ~な感じ

ゆるゆるぅ~な事。。書き綴って いきたいと思います。

 参考になる事が色々・・

昔も今も、人間のする事は一緒なんだ・・・

と、

思った。


うつけもの

のイメージは何処の時点で言われるようになったんだろ???





信長による19ヶ条の折檻状(現代語訳)

一、佐久間信盛・信栄親子は天王寺に五年間在城しながら何の功績もあげていない。
世間では不審に思っており、自分にも思い当たることがあり、口惜しい思いをしている。

一、信盛らの気持ちを推し量るに、石山本願寺を大敵と考え、戦もせず調略もせず、
ただ城の守りを堅めておれば、相手は坊主であることだし、
  何年かすればゆくゆくは信長の威光によって出ていくであろうと考えていたのか。
武者の道というものはそういうものではない。勝敗の機を見極め一戦を遂げれば、
信長にとっても佐久間親子にとっても本意なことであったのに、
一方的な思慮で持久戦に固辞し続けたことは分別もなく浅はかなことである。

一、明智光秀の働きはめざましく天下に面目をほどこした。
羽柴秀吉の数カ国における働きも比類なし。池田恒興は少禄の身であるが、
摂津・花隈城を時間も掛けず攻略し天下に名誉を施した。
これを以て信盛も奮起し、一廉の働きをすべきであろう。

一、柴田勝家もこれらの働きを聞いて、越前一国を領有しながら手柄がなくては
評判も悪かろうと気遣いし、この春加賀へ侵攻し平定した。

一、戦いで期待通りの働きができないなら、人を使って謀略などをこらし、
足りない所を信長に報告し意見を聞きに来るべきなのに、
五年間それすらないのは怠慢で、けしからぬことである。

一、信盛の与力・保田知宗の書状には
  「本願寺に籠もる一揆衆を倒せば他の小城の一揆衆もおおかた退散するであろう」とあり、
信盛親子も連判している。今まで一度もそうした報告もないのにこうした書状を送ってくるというのは、
自分のくるしい立場をかわすため、あれこれ言い訳をしているのではないか。

一、信盛は家中に於いては特別な待遇を受けていたではないか。
三河・尾張・近江・大和・河内・和泉に、根来衆を加えれば紀伊にもと七ヶ国から与力をあたえられている。
これに自身の配下を加えれば、どう戦おうともこれほど落ち度を取ることはなかっただろう。

一、水野信元死後の刈谷を与えておいたので、家臣も増えたかと思えばそうではなく、
それどころか水野の旧臣を追放してしまった。
それでも跡目を新たに設けるなら前と同じ数の家臣を確保できるはずだが、
1人も家臣を召し抱えていなかったのなら、追放した水野の旧臣の知行を信盛の直轄とし、
収益を金銀に換えているということである。言語道断である。

一、山崎の地を与えたのに、信長が声をかけておいた者をすぐに追放してしまった。
これも先の刈谷と件と思い合わされる事である。

一、以前からの家臣に知行を加増してやったり、与力を付けたり、新規に家臣を召し抱えたりしていれば、
これほど落ち度を取ることはなかったであろうに、けちくさく溜め込むことばかり考えるから今回、
天下の面目を失ってしまったのだ。これは唐・高麗・南蛮の国でも有名なことだ。

一、先年、朝倉をうち破ったとき(=刀根坂の戦い)、
戦機の見通しが悪いとしかったところ、恐縮もせず、結局自分の正当性を吹聴し、
あまつさえ席を蹴って立った。これによって信長は面目を失った。
その口程もなく、ここ(天王寺)に在陣し続けて、その卑怯な事は前代未聞である。

一、甚九郎(信栄)の罪状を書き並べればきりがない。

一、大まかに言えば、第一に欲深く、気むずかしく、良い人を抱えようともしない。
その上、物事をいい加減に処理するというのだから、
つまり親子共々武者の道を心得ていないからこのような事になったのである。

一、与力ばかり使っている。他者からの攻撃に備える際、与力に軍役を勤めさせ、
自身で家臣を召抱えず。領地を無駄にし、卑怯な事をしている。

一、信盛の与力や家臣たちまで信栄に遠慮している。
自身の思慮を自慢し穏やかなふりをして、
綿の中に針を隠し立てたような怖い扱いをするのでこの様になった。

一、信長の代になって30年間奉公してきた間、
「信盛の活躍は比類なし」と言われるような働きは一度もない。

一、信長の生涯の内、勝利を失ったのは先年三方ヶ原へ援軍を使わした時で、
勝ち負けの習いはあるのは仕方ない。しかし、家康のこともあり、
おくれをとったとしても兄弟・身内やしかるべき譜代衆が討死でもしていれば、
信盛が運良く戦死を免れても、人々も不審には思わなかっただろうに、
一人も死者をだしていない。あまつさえ、もう一人の援軍の将・
平手汎秀を見殺しにして平然とした顔をしていることを以てしても、
その思慮無きこと紛れもない。

一、こうなればどこかの敵をたいらげ、会稽の恥をそそいだ上で帰参するか、
どこかで討死するしかない。

一、親子共々頭をまるめ、高野山にでも隠遁し連々と赦しを乞うのが当然であろう。


右のように数年の間ひとかどの武勲もなく、未練の子細はこのたびの保田の件で思い当たった。
そもそも天下を支配している信長に対して口答えをする者どもは信盛から始まったのだから、
その償いに最後の2か条を実行してみよ。承知しなければ二度と天下が許すことはないであろう。

信盛への評価
[ 2013/11/04 15:02 ] 日記 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Cool Japan!


One Kyushu Project


南京玉すだれ
プロフィール

かわちのおっちゃん

Author:かわちのおっちゃん

何処に勤めてもあだ名は
おっちゃんでした。

COOL JAPAN!殿堂
Blue Impulse 航空自衛隊




Himeji Castle
It's a built castle
400 years ago.
Japanese spirits



フリーエリア

class Exemplar implements
Runnable { public void run()
{ System.out.println
("Social Exemplar");
****** }
Exemplar ex = new Exemplar();
Thread government =
new Thread(ex);
government.start();
moblog_718847d0.jpg
ikuokumannen no
ooshikumi.
shin no
kamisabaki no
otozure.




カジノは絶対ヤダ!!
カナンの地に
ギャンブルはいらない!

マネーを健全化して、
バビロンやソドムと
ゴモラのような、
間違いをまた
繰り返すのはヤダ!!
人類最後の約束の地。

また荒らすのん??
こーゆーヤカラに
全知全能の
集大成を発揮して
くれたらえぇ~のに・・
For the future



Don't forget  
HANNSHIN AWAJI



No More 
HIROSHIMA・NAGASAKI

NO WAR 
NO ATOMIC BOMB
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ